配球の教科書【野球】 口コミと体験記

詳細はこちら>>クリック

     

貴方は、野球をしていて、いつもこんな悔しい思いをしていませんか?

例えば

どの球を投げてもバッターに打ち返されてしまう

配球を考えたいけどセオリーも何もわからない

そもそも配球を教えてくれる人がいないので自己流でやっている

ピッチャーの能力は高いのになぜか打たれてしまう

いつも打たれて試合に負けてしまう

等など

そしてその原因は、自分は、球速がたりないんだ・・・・ とか思っていませんか?

そりゃぁ球が速いのにこした事はありません。

ですが120kmしか出ない球速を130kmにする事 って、

そんなに簡単な事ではありませんよね?

でも、配球を考えて、コントロールを磨いて

バッターを打ち取る事ってそんなに難しい事じゃぁないんですよ。

でも、その肝心な配給の基礎を教えてくれる人はいないのが現状です。

「じゃどうするんだよ。やっぱり自分で考えるしかないんじゃ・・・」

と言う声が聞こえてきそうですが

実は

今まで誰も書く事のなかった「配球」の指南書!

少年野球から草野球まで実践可能!な上、スピードが無くても三振が取れる!

配球の教科書【野球】の口コミと体験記をご覧になって、ご購入の参考にしてください。

     

配球の教科書【野球】の口コミ

     

配球の教科書【野球】の体験記

     

配球を考えるきっかけがわかりました。

感想です。中学生と小学生の子供を持っているのですが、

息子は二人ともピッチャーをやっています。

打たれてしまった時には、息子と一緒に原因を考えたりしているのですが、

その答えはいつも見つからず、「もっと球を速くしよう!」という事ばかりでした。

しかし、今回この配球マニュアルを読んでみて、

今まではなんて単純なピッチングをしていたんだろう、という気持ちです。

今は練習試合もあまりありませんが、

試合が始まったら色々と試したい事がありすぎて、

息子も楽しみにしています。ありがとうございました。

     

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

     

今まで如何に自分が何も考えていなかったか・・・。

はじめまして、

配球のマニュアル読ませて頂きました。

私自身、中学でクラブチームの監督をしながら、

自分自身もたまに草野球でプレーをしています。

これまで、いつも選手達には「配球」に気をつけろという事を伝えて来ました。

しかし、実のところは一体何をどうすれば良いのか、

という事については具体的に選手に教えた事がありませんでした。

中々はっきりとした考えがなく自信を持って伝えることができなかった為です。

しかし、今回マニュアルを読ませて頂いて配球に関しては大変勉強になりました。

これからは具体的に選手に指導する事が出来そうです。

     

いかがですか?

まだまだ沢山の口コミと体験記がありますが、ここではこれ以上書けません。

このノウハウは、今まで貴方が散々悩んでいた色々と考えているのに中々バッターを抑えられない、

どうしてもいつもあんなに打たれるのだろう?

どうしたらもっとバッターを抑える事ができるのだろう?

と思っている事、あなたの配球の指針となる軸を見つけられる

そんな内容になっているので

あなたなりの配球を自信を持って組み立てる事ができ

思わず笑みが溢れる様な三振を奪う事ができるようになれますよ。

気になりましたら、詳細はこちらより詳細をご確認ください。

詳細はこちら>>クリック

     

配球の教科書【野球】 田原孝太郎と申します。

     

大変申し遅れましたが、私は田原孝太郎と申します。

今後は、タハラと名乗らせて頂きますm__m

普段は、サラリーマンをしておりますが、週末は毎週草野球と、少年野球の指導と、野球に明け暮れる生活を送っております。

ちなみに、草野球チームは、選手としてのチームを2つ、監督兼選手としてのチームも1つ掛け持っておりますので、

年間を通すと毎年100試合近くこなしております。

これだけの試合経験から、「どうしたらバッターを打ち取る事ができるのか」

という事に関しては熟知しているつもりです。

「なんだ、どこの誰かもわからないヤツが作ったマニュアルか」

そう思われるかもしれませんね。

しかし、よく考えてみてください。

あなたは、具体的な「配球」のセオリーやその意図、基本的な事などを誰かに教わった事がありますか?

恐らく、高校野球や大学野球で真剣にキャッチャーをやっていたり、高いレベルのチームや団体に所属していない限りは

ほとんどの方がしっかりと教わった事はないかと思います。

この「教科書」は、そういった方の為に製作されたものです。

詳細はこちら>>クリック